消費者金融と銀行、どうして住み分けできてるの?

投稿者: meadmin
9月 14 2015 年

どうして金利がこんなに目に見えて低いのに消費者金融と銀行のカードローンが住み分けできているのだろうと考えたことはないですか? 利用すればわかる通り支払う利息がかなり小さくて済むのでどちらが利用しやすいかというのは火を見るよりも明らかなのです。
じゃあ銀行のカードローン以外なくて良いんじゃ? なんでこんな街中のあちこちに消費者金融の看板が立っていてその下に自動契約機が設置してあるのか。
不思議に思ってこともあるのではないでしょうか。


<消費者金融の審査は甘い>

借入前の審査。ここでは申し込みを行った人の信用情報を見られることになりますが、この見られる情報の幅、情報の量などは銀行の方が多く、そして銀行は過去の情報も多く参照しますから、より審査が厳しくなるのです。
そしてここにも時間がかかる。消費者金融なら審査も優しく見られる情報が少ないこともあり審査がすぐに終わってしまうのがその特徴です。


<即日キャッシングが確実>

審査にかかる時間が短いということもあり、キャッシングそれ自体にかかる全体の時間が短いです。あっという間に手元にお金が手に入るので、あなたはあれこれ考える暇なく融資を手に入れることができるはずです。
消費者金融から借りようか、それともやっぱり銀行の方が安心なのか決めかねている人は、融資にかかる時間の分野で選んでみるのは有効です。


<利用者の立場に立った存在>

様々なサービスを用意しているのが消費者金融です。
銀行よりもキャッシングを行う人の立場に立っているので利用しやすいサービスを多数展開しています。これから自分がキャッシングによってお金を得ている姿が想像できない。あなたは銀行から借入れるのにたる資格を有しているのか。それが不安なら貸金業者に頼るのが確実でしょう。

コメントは受け付けていません。

このエントリーのトラックバックURL