消費者金融こそ実は一番安全な貸金業

投稿者: meadmin
10月 17 2013 年

パブリックイメージとは恐いもので、未だに消費者金融を「高い金利で貸して厳しい取り立てを行なう業者」だと思いこんでいる方はかなり多い様です。確かに90年代前半まではそのような悪質な貸し付けと厳しい取り立てを行なう業者も多く存在していた様ですが、現在そういったことを行なっているところは全くありません。もしあるとしたら、それは消費者金融ではなく闇金です。


無理の無い貸し付けが消費者金融の魅力

消費者金融は法で決められた金利の利率を順守していますし、さらに年収の3分の1を超える貸し付けは行なっていません。つまり、収支を度外視した無理のある高金利や貸し付けを行なうことはありませんし、あくまで利用者の返済能力に見合った現実的な額の融資をすることで計画的な返済を利用者に促します。それこそが消費者金融の大きなメリットだと言えるでしょう。


ちょっとしたサービスや心遣いも

さらに返済日が近付くとメールなどで知らせてくれ会社もあり、安心感と安全性の両方において利用者のことをちゃんと考えてくれているのです。返済の際の手数料の無料化やATMの増大など、コストパフォーマンスや利便性も追求しています。このような消費者金融の努力もあって、以前の様な「恐ろしい貸金業」というイメージは無くなってきていると思います。もし今そんな小さな誤解を抱いていて、それが原因で申し込みをせずにいたとしたら非常にもったいないことです。臆せずに一度申し込みをしてみてはどうでしょうか。

コメントは受け付けていません。

このエントリーのトラックバックURL